上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!
やっとこさ夜叉倒せました

構成は士、鎧、雅楽、、芸、術、忍法、仏です(いわゆるガチ構成
順番は6>4>5>7>1>2>3
みんな宝玉も生命5つんで生命的には問題なしだったので1回目で勝てました。
今まで苦労していたのが嘘のよう…

私は7tと減殺しかしてませんでしたけどっ
(ちゃんとバー管理して23裏に入れたり45手前に入れたりはしてましたけど

仏門さんも往生と完全と普通の回復と結界配りをうまいこと回してくれてて非常に上手でした。あと往生がやっぱり使いやすくてよかったです。(ゼンカンいけないときは諦めて往生通して走りみたいな

あと雅楽さんも上手かった。
結構手があくと神職さんは子守とか不変をするんだけど、今回組んだ方は詠唱・気合・羽重・祝福の4つに絞っていました。
夜叉は気合韻は霧散か死に戻りの人が戻ってこない限りかけなおす必要はないですし、詠唱もゼンカン・往生モードに入ってれば配る必要もない、羽重も看破が来なければそこまで急ぐ必要もない状況で手があいたらひたすら祝福の気合貯め。気合がたまって看破バーっぽいのが来なかったら祝福発動、貯めてるあいだに詠唱、羽重、気合の必要性が出たらそっちを発動みたいな感じで動いてました。

気合削りが激しかったり、一発が重い敵にはやはり祝福・朧系が友好なんですけどその2個は気合消費が激しいので不変とか子守したくなるのをぐっと我慢して待機することも大切なんだなぁと改めて実感。

不変なのか祝福なのか子守なのかどれをチョイスするのが間違いってことはない(実際死の叫びとかもあるし)けど、その徒党の攻略方針に合わせて必要技能を絞るというのは大事なんだなぁと思いました。
実際、気合韻して、詠唱も切れないように配って、不変もきらさず、たまには子守と祝福もとかきついと思うし(めちゃくちゃ上手い人ならその場面場面で使い分けるのかもしれないけど)そこまで自信がない人は必須技能を2~3に絞ってこれだけはやりとげます的な方向でいったほうがいい結果が生まれるのかなと。


話かわって年末に今年一番ウケタ漫才に出会いました。

笑い飯マジ最高すぎる;3;

最近お笑いブームにのっかってキャラだけでウケテ勘違いしてるのが多すぎる!
話でわらわせてほしいもんですっ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chousukeblog.blog79.fc2.com/tb.php/156-c9971353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。